画像処理と活字 OCR の専門家集団スマートリーディング
 

 

最強の日本語認識エンジン搭載
活字 OCR ソフトウェア SmartOCR Professional 1.0


SmartOCR 1.0 は、Microsoft Windows 2000/XP 上で動作する活字 OCR ソフトウェアです。

業務用では一般的な原稿以外に特徴のある大量原稿を処理する場合が多く見受けられます。
ユーザ様の改善要望をもとにそのような特殊原稿処理を迅速に実現し頻繁なバージョンアップを繰り返す進化型アプリケーションを目指しています。そのために、3年間の無償バージョンアップを付けました。

Professional Edition の主な特徴は、

  1. 最大4のマルチスレッド動作(複数原稿の同時処理)が可能な大量画像の一括自動処理。
  2. 5段階の速度が選択できる非常に高い認識性能を持った独自認識エンジンを搭載。
  3. ニューラルネットと遺伝的アルゴリズムによる先進のレイアウト解析。
  4. はじめて実用レベルを達成した反転文字領域の自動取得と認識。
  5. 認識精度を高める様々な自動画像補正。
  6. デジカメ画像の認識を高める「スマートデジカメ」機能。
  7. 作業効率を追求した直感的な修正機能「スマートリーディング」により誤ったレイアウトや誤認識の修正の手間が従来のOCR製品と比較して格段に減少。
  8. 透明テキスト付きPDF、ワード、エクセル、HTML、CSV、テキスト形式で出力可能。
  9. PDF出力での出力文字のサイズを最適化する画像自動縮尺機能。


特徴の詳細は「SmartOCR の特徴」をご覧ください。

認識性能は、大量の画像での認識率を算出するテストを行い、他社製 OCR との比較を行いました。
詳細は「性能テスト」をご覧ください。

Lite Edition と Professional Edition の違いにつきましては、「../Feature/Feature-Lite-Limited.html">Lite 版と Professional 版の違いについて」をご覧ください。

 SmartOCR Professional 1.0 では GUI 操作を除いた機能はすべて「SmartOCR ライブラリ SDK」を使用しています。 SmartOCR Professional 1.0 の機能は「SmartOCR ライブラリ SDK」で実現可能です。

Professional Edition 及び SmartOCR Library SDK 共に特定用途向けのカスタマイズをうけたまっております。
詳細は、お問い合わせください。

バグ報告、改善要望、使用しての感想などございましたら、「お問い合わせ」ページよりお寄せください。
以降のバージョンでの改善の参考にさせていただきます。



2006 年 3 月 17 日 Professional Edition Version 1.0.7 を公開しました。
詳細な変更点は、「更新履歴」をご覧ください。



(C) 2005 スマートリーディング