スマートリーディング / SmartOCR 1.0 ヘルプ

 

 

連続処理設定ウインドウ




複数原稿の連続処理の動作を制御します。
処理を中断するにはツールバー上の「中断」をクリックします。


「処理の制御」 タブ


[処理の流れ]
原稿の入力だけを連続して行うときは、入力−認識間の制御枠を「×」にします。
原稿の認識だけを行うときは、入力−認識間の制御枠を「↓」認識−出力間の制御枠を「×」にします。
原稿を認識して結果をファイル出力したいときは、入力−認識間の制御枠を「↓」認識−出力間の制御枠を「↓」に設定します。

[同時処理枚数]
SmartOCR はマルチスレッドに対応しているため、複数の原稿を同時に処理することができます。1CPUでは効果はありませんが 2CPU 以上では原理的には処理速度は CPU の数だけ速くできます。
現在は最大 4 まで設定することができます。
同時に複数処理を行う場合、連続処理の動作はさまざまな制限を受けます

[画像読込先]
画像をどこから入力するかを「ファイル・TWAINデバイス・フォルダ監視」から選択します。
「TWAINデバイス」の場合は画像をファイルに保存するかしないかを選びます。
「監視フォルダ」の場合は監視するフォルダを指定します。開始時に監視フォルダーにあるファイルを処理対象に含むかも設定可能です。

「途中経過を表示する」
画像を読み込んだ後で画像ウインドウに画像表示、認識の途中経過の表示を行うかどうかを指定します。
画像表示は時間がかかるため通常は表示しないほうが良いでしょう。(チェックしない)

[途中経過を保存する]
途中経過とは処理中のすべての情報を含んでいるファイルです。
これを保存すると連続処理が終了した後で個々のファイルを処理の途中段階から継続できます。連続処理が終了した後でファイルブラウザ上で任意のファイルを読み込むとエディタウインドウ上の修正等を行えます。
処理時間には余り影響ありませんので通常はチェックを入れておいてください。


「画像保存」 タブ



「処理の制御」タブで、「画像をファイルに保存する」にチェックを入れた場合に設定可能になります。
保存したいフォーマットを選び、保存したいフォルダを設定します。
ファイル名は、指定のファイル名に 5 桁の連番をつけたものとなります。
指定されたファイル名に 3 桁以上の数字列が含まれない場合は、拡張子の前に、自動的に 5 桁の数字列を追加します。

「連番の増分」は、この連番の増分を指定します。

例えば増分を 1、フォーマットをTIFFとすると
ファイル名が「image」ならば image000001.tif、image00002.tif、・・・、image99999.tif、image100000.tif、・・・(標準で5桁数字。桁があふれた場合は自動で繰り上がります)
ファイル名が「image345」ならば image345.tif、image346.tif、・・・、image999.tif、image1000.tif、・・・(数字が 3 桁以上あればその桁数。桁があふれた場合自動で繰り上がります)
となります。

画像の読み込み先が「ファイル」の場合、「元のファイル名を使用する」チェックボックスにチェックを入れることで、読み込んだ画像のファイル名を使用することができます。
ただし、いずれの場合も、ファイル名の拡張子は、指定した画像フォーマットの標準的な拡張子に自動的に変換されます。


「出力」 タブ



[保存フォーマット]
出力したいフォーマットを選びます。[設定]で更に詳細な出力設定が行えます。

[保存フォルダの指定]
出力フォルダを指定します。

[保存ファイル名の設定]

[保存ファイル名は画像ファイル名を元にする]
画像ファイル名の拡張子を変えて保存します。

[連番付保存ファイル名を指定する]
例えば増分を1、フォーマットをテキストとすると
ファイル名が「output」ならば output000001.txt、output00002.txt、・・・、output99999.txt、output100000.txt、・・・(標準で5桁数字自動で繰り上がる)
ファイル名が「output345」ならば output345.txt、output346.txt、・・・、output999.txt、output1000.txt、・・・(数字があればその桁数自動で繰り上がる)

[名前を指定した一つのファイルに保存する]
指定したファイル名で認識結果をまとめて保存します。


「プリセット」 タブ


連続処理の設定内容を名前を付けて保存したり読み出して復元できます。

「参照」
連続設定が保存されているフォルダーを指定します。
通常はデフォルトを利用してください。

「読込」
設定名リストから読み込みたい設定を選択してクリックすると保存してあった設定を復元します。

「設定名」
設定する名前を入力します。日本語でも英語でもかまいません。

「保存」
「名前を付けて保存」ダイアログが表示されるので保存したいフォルダ(通常はそのまま)に移動しファイル名(設定名が自動的にファイル名に設定されるため通常はそのまま)を入力し「保存」をクリックします。設定名が下の設定名リストに追加されます。