スマートリーディング / SmartOCR 1.0 ヘルプ

 

 

デジカメ画像の認識


デジタルカメラで撮影した画像を SmartOCR で認識します。
処理の参照

  1. 画像の読み込み
  2. ゆがみの補正
  3. 不要部分の削除
  4. そのほかの修正と認識実行

ゆがみの修正


この状態では、認識する部分は台形にゆがんでいますので、まず、これを長方形に補正します。
SmartOCR のゆがみ補正機能は、ゆがみフレームで指定した四角形を長方形に変形します。

まず、画像編集ウインドウを表示して、

画像編集ウインドウ表示

ゆがみ抽出を行います。

ゆがみ補正

抽出結果。

ゆがみ抽出結果

表示されている緑色の枠がゆがみ修正を行う「ゆがみフレーム」ですが、正しく抽出できていないので、手動で補正します。
この状態では、ゆがみフレームの四隅にマウスカーソルをもって行きドラッグすると、四隅を独立して形状修正を行うことができます。
ここでは、左上から修正していきます。

ゆがみフレームの補正(左上)

次に右上。

ゆがみフレームの補正(右上)

中略して修正終了。

ゆがみフレームの補正終了

ゆがみ補正を実行します。

ゆがみ補正実行

ゆがみ補正の結果。
用紙が元原稿と同様、長方形になりました。

ゆがみ補正終了

前のページ「画像の読み込み」へ

次のページ「不要部分の削除」へ