スマートリーディング / SmartOCR 1.0 ヘルプ

 

 

デジカメ画像の認識


デジタルカメラで撮影した画像を SmartOCR で認識します。
処理の参照

  1. 画像の読み込み
  2. ゆがみの補正
  3. 不要部分の削除
  4. そのほかの修正と認識実行

その他の修正と認識実行


以降は、画像それぞれの状態に合わせて、認識率がよくなるように修正していきます。
もちろん、この状態で認識を行うことも可能です。

認識があまりよくない場合、次のような補正が行えます。

携帯電話のカメラなど、200 万画素以下のカメラで撮影した場合は、「画像編集」の「自動画像拡大」を試してみてください。

複数の行が一つの行に認識されてしまう場合、「傾き補正」の「自動補正」を行ってみてください。

画像が全体的に黒っぽい場合、「ガンマ補正」や「コントラスト補正」を行って、明るさを調整してみてください。

これらの修正を行った結果、認識率が悪くなることもあります。
その場合は、メインメニューの「画像編集」の「元に戻す」で修正を取り消すことができます。


前のページ「不要部分の削除」へ