スマートリーディング / SmartOCR 1.0 ヘルプ

 

 

エディタウインドウ


エディタウインドウは、認識結果を確認し、修正するためのウインドウです。
画像ウインドウに表示されている画像に対し、認識処理を行った場合にのみ、表示されます。
認識処理が行われてなかったり、認識結果の破棄を実行した場合、エディタウインドウは自動的に閉じられます。
また、画像ウインドウを閉じたり、他の画像を読み込もうとした場合も、エディタウインドウは自動的に閉じられます。
2 枚以上のエディタウインドウが表示されることはありません。

エディタウインドウが表示される場合は、メインウインドウ内で画像ウインドウが表示されている範囲に、画像ウインドウの大きさを半分にして、開いた領域に表示されます。
ドラッグにより、画像ウインドウと重ね合わせることはできますが、他のサブウインドウと重ね合わせることはできません。



ツールバー


「表示モード」
エディタウインドウでは、表示状態が 3 種類あります。
「再現」モード、「横書き」モード、「縦書き」モードです。

「再現」モード
このモードでは、認識結果を画像と同様の位置に同様の文字サイズで表示します。
レイアウト解析で絵領域、罫線と解析された領域は、エディタ上に絵、罫線として表示することができます。
また、カラー画像の認識を行った場合、文字色と文字の背景色を再現することができます。

「横書き」モード
このモードでは、通常のテキストエディタと同様に、すべて横書きで認識結果が表示されます。
レイアウトや絵は表示されませんが、行番号、ブロック番号を表示することができます。
また、文字種ブラウザにより、文字種、認識信頼度によって文字の色を変えることができますので、認識間違いを発見しやすくなっています。

「縦書き」モード
このモードでは、全て縦書きで認識結果が表示されます。
レイアウトや絵は表示されませんが、行番号、ブロック番号を表示することができます。
また、文字種ブラウザにより、文字種、認識信頼度によって文字の色を変えることができますので、認識間違いを発見しやすくなっています。

「表示倍率」
再現モード時の表示倍率を変更することができます。



ステータスバーの表示


エディタウインドウのステータスバーには、左側にカーソル位置の文字の認識候補と認識信頼度、右側に、現在のカーソル位置の文字の先頭からの文字数、エディタ内の全文字数が表示されています。



候補メニュー


文字にカーソルを合わせて右クリックをすると、候補メニューが開きます。
複数文字を選択して右クリックした場合、選択した文字が 5 文字までならば、同様に候補メニューが開きます。

候補メニューでは、文字の認識候補、もしくは、文字の分割、文字の削除、認識学習を選択することができます。
複数文字を選択した候補メニューでは、文字の認識候補は、選択範囲の文字を一つの文字と見なして認識した場合の候補が入ります。
また複数文字を選択した場合は、文字の分割はできません。



メインメニューからの表示の変更


メインメニューの「表示」から、以下の、エディタの表示設定を変更することができます。

  • 「エディタ表示モード」

以下の項目は、表示モードが再現モードの場合にのみ有効です。

  • 「再現モード表示倍率」
  • 文字色の表示
  • 絵領域の表示


以下の項目は、表示モードが横書きモードと縦書きモードの場合にのみ有効です。

  • 行番号の表示
  • ブロック番号の表示
  • 改行コードの表示


フォントの変更


エディタの表示フォントを変更するには、メインメニューの「ツール」の「環境設定」で「SmartOCR の設定」ダイアログを開き、「フォント」タブで設定します。
日本語横書きフォント、日本語縦書きフォント、英語フォントの 3 つを変更することができます。