スマートリーディング / SmartOCR 1.0 ヘルプ

 

 

領域の塗りつぶし


画像の特定領域を指定色で塗りつぶします。


サンプルとして次の画像を使用します。
スキャンした際、用紙よりも大きい部分が黒くなってしまっているので、この黒い部分を除去します。

画像を読み込んだところ
画像を読み込んだところ

まず、処理モードを「画像編集領域指定」にします。

処理モードを「画像編集領域指定」に
処理モードの変更

次に、塗りつぶす色を指定します。

標準では、白にセットされています。
指定方法は、画像のある点の色を指定する方法と、ダイアログで規定色を指定する方法があります。

画像のある点の色を指定する場合は、マウスカーソルで指定したい点を指し、右クリックをします。
メニューから、「現在のカーソル位置の画像の色を背景色に設定」を選択すると、右クリックした時点でのマウスカーソルのある画像の色が背景色に指定されます。

ダイアログで規定色を指定する場合は、右クリックメニューで「背景色の指定」を選択すると、ダイアログが開くので、色を選択してください。
2 値画像やグレースケール画像にカラーで塗りつぶしを実行すると、画像が 24Bit 画像に変換されますので、注意してください。

背景色を右クリックメニューで設定する
背景色の指定

次に、塗りつぶす領域を選択します。
選択したら、領域内で右クリックし、メニューから、「この領域を背景色で塗りつぶす」を選択すると、指定領域内が指定色で塗りつぶされます。

塗りつぶす領域を選択して
塗りつぶす領域を選択して

右クリックメニューから塗りつぶし実行
塗りつぶし実行

全ての塗りつぶしを終えた状態
全ての塗りつぶしを終えた状態

画像を保存する場合は、メインメニューの「ファイル」から「画像の保存」で保存します。