スマートリーディング / SmartOCR 1.0 ヘルプ

 

 

 

「認識」 メニュー




「連続処理」

ファイルブラウザ」に設定されたファイルを連続で処理します。
処理方法は「連続処理の設定」で行います。



「処理設定...」

連続処理の設定を行います。



「レイアウト処理」

レイアウト解析を実行します。
レイアウト領域が設定されていない場合は認識設定ウインドウの設定に従い画像全面のレイアウト解析を行い結果を画像ウインドウ上に表示します。
レイアウト領域が1つでもあると何も行いません。
実行後は処理モードは自動的にスマートレイアウトに切り替わります。



「文字認識」

認識を実行します。
レイアウト領域が設定されていない場合は認識設定ウインドウの設定に従い画像全面のレイアウト解析を行い続けて文字認識を行い結果を画像ウインドウエディタウインドウ上に表示します。
レイアウト領域が1つでもあると全面の認識は行いませんが、認識の終了していないレイアウト領域は認識されます。
実行後は処理モードは自動的にスマート認識に切り替わります。


「レイアウト領域と認識結果の全削除」
すべてのレイアウト領域と認識結果を削除します。
クリックすると確認ダイアログが表示されます。
画像ウインドウ上の右クリックメニューの「レイアウト領域の全削除」と同じです。