クセロReader ZERO Hacks


クセロReader ZEROのご紹介

インストール方法

OCR機能の最も簡単な使い方

OCR機能の詳細な利用手順

1 OCRにかけたいファイルの種類により手順が異なります。

 ・PDFファイルがある場合…→2へお進みください。

 ・スキャンした画像ファイルの場合…「ファイルを開く」のダイアログにファイルが表示されません。
 表示させるためには、「ファイルの種類」のリストボックスをクリックして「画像ファイル」(*.bmp,*.jpg,*.j2k,*.jp2,*.tif,*.png)を選択してください。
 表示された画像ファイルを開くと、新しいタブにPDFファイルに変換されて表示されます。
 →3へお進みください。

2 PDFファイルを開いてOCR変換アイコンがかすんだ表示になっていないことを確認します。

 もしOCR変換アイコンがかすんだ表示になっていれば、PDFの編集が禁止する設定になっている可能性があります。
 他のソフトを使って編集禁止を解除してください。

3 OCR処理方法の設定を行います(必須ではありません)。

 メニューの「ツール」>OCR設定をクリックすると、「認識対象文字」「OCR結果のフィルタ」「回転補正」「半角出力」を設定するダイアログが表示されます。
 経験上、「回転補正」にチェックを入れることで出力結果が大きく異なることはないのですが、対象ファイルによっては良い認識率になるかもしれません。
 チェックの状態を確認したら「OK」ボタンをクリックします。
 次に、OCRの結果を透明テキストとして新たなPDFファイルを作成する場合は4へ、テキストを含むオフィス形式のファイルに変換する場合は5へお進みください。

4 OCRアイコンをクリックするか、メニューの「ツール」>「OCR変換」を選択します。

 OCR変換ダイアログが表示され、自動的に処理が進みます。最後に、OCR処理されたPDFファイルが開かれ、新しいタブに表示されます。これで処理は終わりです。

5 Office変換ツールアイコンをクリックするか、メニューの「ツール」>「Office変換」を選択し、「Word変換」「Excel変換」「PowerPoint変換」のいずれかを選択します。

1.保存ファイル名を入力します。入力しなければ名称未設定に拡張子を付けたものがファイル名になります。
2.変換処理ダイアログが表示されます。
3.画像・PDFファイルが複数のページを持っている場合は、ページ選択ダイアログが表示されますので、変換するページを指定します。
4.読み取り領域編集ウインドウが開かれます。ここで領域の追加や削除ができます。
5.変換ボタンをクリックします。
6.処理が終わると変換処理ダイアログが消えて、自動的にファイルが保存されます。これでOCR処理は終わりです。

注意:作成されたオフィス形式のファイルをMicrosoft Office 2010で開くと「セキュリティからの通知」として、「このファイルから問題が検出されました。このファイルを開くのはセキュリティ上危険である可能性があります。ファイルが信頼できる場合以外は開かないでください。」という警告が出る場合があります。さらに開くと「保護されたビュー」と表示されます。
 画像ファイルから作成したファイルであってもこれらの警告が出ますので、実際にはセキュリティ上の危険がない場合でも警告していると考えられます。
 警告後にどうするかは自己責任となりますが、警告にかかわらずファイルタブを開いて「編集」ボタンをクリックしていただいてよいと思われます。